smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
profile
recommend
<< バリ・ガムラン三重苦 | main | インドネシア更紗のすべて−伝統と融合の芸術 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

PROJECT FOR VOICE

PROJECT FOR VOICE

友人である、葛原りょうさんと港敦子さん主宰のプロジェクト。
ふたりとも、詩人。

りょうさんは、港さんから紹介されたのだけど、
「わぁ、平成にこんな青年が!?」
というような、時代錯誤な風貌と雰囲気の持ち主。
「中原中也を紹介するからね」という港さんの言葉通りの青年が現れて、
私はキョトンとしてしまった。

港さんは、「この美しいヒトは、どこの民族出身なのかしら」と思わせる、
不思議な女性。
国はどこ、住んでいるのどこ?といった”くくり”で語ることに抵抗を感じる
ような、むしろ「ねぇ、何民族なの」と訊いた方が自然なような、”民族の血”の
強さを感じさせるヒト。
それってなんなんだろう。

とにかく、このふたりが主催のイベントが、8月6日に広島で行われます。
お近くの方、その時期に広島に行く方、ぜひ、ご参加を。

私はこっちで黙祷します。

*******************************

声をともして

〜Poetry Reading in Hiroshima〜

葛原りょう(詩人)港敦子(詩人)は朗読を通じて平和へのメッセージを発信しています。
2007年8月6日は自作詩、世界の詩を野外で朗読し続けるイベントを行ないます。
声を放して、声をからせて、語り継ぎたい詩があります。
朗読のほか踊りや歌や演奏で仲間に入りませんか?
ぜひ、平和祈念公園に集まりましょう。
この夕べ世界中からの声がひとつの鎮魂歌となるように!

日時 2007年8月6日(月)
時間 夕方涼しくなってから灯りをつけて
場所 広島市平和祈念公園内
参加費 無料

at 14:22, Hiromi Kubota, Others

-, -

スポンサーサイト

at 14:22, スポンサードリンク, -

-, -